SMSの不具合・結論2008/01/26

書きながら考えると意外とひらめくものなんですね。
とりあえず6120cから送信する件については解決しました。
言語設定で「Writing Language」を簡体中文か繁体中文にすればいいのでした。
というのが、SMSを書きながら上に出てくる「あと何文字という表示」が「160」になっていたからで、これって英数文字の場合だと気がついたところから解決に向かいました。
なるほど、送信済みメールを開いたら70文字から書かれた文字数になってるよ。
なんか、言語設定にそんなのがあったなぁと思って変更してテストするとOKでした。でも、いつの間にここの設定を変えたんだろうか。覚えていないなぁ。
こうなると、最初のテストの時にE90でできていたというところにも説明がつく。
初めのうちは日本語を受信できるファームウェアを探しながらだったので、いちいちM-FEP60をインストールしながらというのは面倒なので、6120cから送ったメールをそのまま転送という形で送っていたためだと思われます。
どうやら、E90からは最初から送れなかったということです。


うーん。それでも若干釈然としない部分がありますが、これ以上追うのは止めにしよう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://marshmallow.asablo.jp/blog/2008/01/26/2580989/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 旅と放浪の日々 - 2008/01/31 01:00


なんか、毎度携帯ネタになってきてるな〜(w
まぁ、日々持ち歩いている上に一部無理矢理で使ってるってので、まだこなれてないんでしょうね。
で、昨日に引き続き、SMSの文字化けの件ですが・・・
とりあえず、結論が出た??って感じです。

前回のエントリーに関しての追加情報ですが、1月22日のSMSまでは全く文字化けは発生していません。
1月23日の午後からSMS本文が???になっています。
この後、何通かのSMSをやり取りしていますが、その中で1通は普通に送信が出来ています。
何で、ここまで言えるかというと、私のSMSのやり取り先はうちのカミさんだけなんですよね(笑
なので、カミさんの携帯の受信履歴を見れば日付と状況が確認できるんです。
流れ的には22日から23日の間に何が有ったか・・・
E90をいじった履歴を見てみる(というか、バックアップのHDD内ファイルの日付ですが)インストールしていたYaPNのVerが0.0.2から0.0.3に上がってるんですよね。
こういう履歴が判れば、とりあえずYaPNをVer.0.0.2にダウンしてみてチェック・・・
ちゃんと送れました(^^;;;
で、現行のVer.0.0.4を再インストールして確認・・・???で一杯に(苦笑
どうやらYaPNのVer.Upが原因だった模様です。


で、対応についてなんですが、まず、考えの元として、昨日の実験でアルファベットのみであれば大丈夫だったという結果が出てたのと、昨日トラックバックしたマシュマログさんの1月26日のエントリーに”言語設定で「Writing Language」を簡体中文か繁体中文にすればいい”との書き込みが有ったのを見て、ひょっとして文字のエンコードでコケてるのかという推論を立ててみました。
あと、情報元は忘れましたが、DocomoのMopera-Uのメール文字化けを防ぐのに、本文最後にユーロ通貨記号を入れればというのが有ったんですは。
あと、文字化けしだしてから唯一普通に送れたSMSは飲み会で酔っぱらって打ってたので、日本語とアルファベットがごっちゃで最後が半角文字・・・
試してみるかと、SMSの最後に半角英文字で1文字入れてみました。
そのまま送信してみると・・・ちゃんと送付できました!
テスト送信の最初は、半角でChr+4(Docomoメールの件が有りましたので)だったのですが、色々試してみると、半角英数なら何でもOKで...