引っ越しました。2008/04/12

このところスパムが増えてきましたので引っ越しすることにしました。

引っ越しといっても既存の記事を移動するのは面倒なので今後書き込む記事だけです。

アサブロはケータイメールでの投稿ができないとか1記事に1枚の写真誌か載せられないなど使い勝手がよくなかったのも一因です。

というわけで、引っ越し先です。

http://marshmallow.typepad.jp/blog/

さらに、マシュマログ6に内容統合してます。

http://d.hatena.ne.jp/marshmallow_man/

どうか、新しいブログに引っ越してもよろしくお願いします。

マシュマログ
ブログマスター:マシュマロマン

【検証】E60と留守番電話2008/04/08

E60で留守番電話を聞こうと1416にダイヤルしてもサービスセンターにつながるものの再生などの操作ができないという事象はすでに書いたが、運がいいことに2台目のE60が思わぬ安価に手に入れることができたので試してみた。(ファームウェアを書き換えてもよかったのだが、ファームウェアの書き換えはFLASHメモリに負担がかかるし、できるだけ必要最小限にしないと精神的にもよくない。)


というのは、今回の不具合が報告されているのが日本語のファームウェアに限った話で他の言語では報告されていないのだ。(というか、E60の日本語以外のファームウェアの記事自体を見ない気がするが。)


それであれば、自分で検証してみようというわけです。まぁ、すでに流通在庫だけになっているので予備機として持っていてもいいかなというのもありますけどね。


とりあえず手に入れたのは簡体中文が使えるファームウェアのもので、そのバージョンは2.0618.06.05である。NSU(Nokia Software Uptater)で確認したがこのプロダクトコードでは最新版のようだ。
結果は、ちゃんと留守番電話サービスセンターの操作ができた。


日本語のファームウェアは日本のVodafoneブランドで販売するためのテスト用ファームウェアではないかと推測されているが、そこのところの検証が不十分だったのだろう。せっかく、Vodafone(現SoftBank)用の絵文字が使えるだけに残念だ。


検証が終わったところでE60はいざというときの予備機としてその役目を終えるのであった。

EM chip(EMOBILEのUSIM)3種2008/04/05

D02HWのSIMなしパッケージがヨドバシカメラ・マルチメディア博多店に入っていたのでさっそくEMチャージ(プリペイド)で契約してきた。
しかし、入荷したら電話してもらうようにS11HT契約のトラブルで行ったときに伝えていたのに電話がなかったぞ。
興味があったのはSIMがどのようなものかということでしたが、写真の通りです。「赤」がデータ通信専用のカラーなんでしょうかね。通話用プリペイドのSIMがでたら単純にこれの印刷色が黒になるだけだったらおもしろいな。


そもそも、プリペイド契約にしたのは端末が欲しかったからで、プリペイドでなくてもよかったんですが毎月の負担は増やしたくないのでポストペイ契約は初めから除外。
端末だけの購入を考えていたんですが、プリペイド契約開始キャンペーンとして「契約事務手数料無料」と「14,000円分のチャージ、サービス」ということでプリペイド契約で手に入れることとした。もちろん、端末代金はヨドバシのポイント対象のためかなりお得に入手することができました。


さて、この3種のSIMですがそれぞれEM・ONE、S11HT、D02HWそれぞれで使えることがわかった。もちろんデータ専用はプリペイド、ポストペイの別を問わず音声通話には対応しないが、データ通信においてはアクセスポイントのアドレスを変更するだけで相互に入れ替えても問題がなかったのだ。もちろん、これは自己責任の範疇なのでくれぐれもお気をつけください。

EMONSTERとSIMカード2008/03/31

SIMロックフリーのEMONSTERであるが、結構勘違いされているみたいです。
SoftBankやNTT DoCoMoのSIMを拒絶しないんですが、EMOBILEと他社では周波数帯が違うので電波をつかむことはできません。検証するまでもない事実ですが、何かの間違いがあるといけませんので念のためにSoftBankとNTT DoCoMoのSIMを入れて確認しました。
結果はもちろんどちらも圏外です。


ところで、EMONSTERのSIMは電池を外さずとも抜き差しできるので「電源を入れたままだとどうなるか?」と思ってこの時に試してみました。
結果は電源が切れます。保存していないデータの消失を防ぐためにも電源を切ってから抜き差しするようにしましょう。

話を本題に戻して、それではEMONSTERのSIMロックフリーのメリットはというとGSM圏での利用ですね。日本では対応していませんが、世界中で多くの国がGSMを採用しています。そういうところで現地のSIMが使えますのでビジネスで海外によく行く人には使い道があると思います。
私のように海外に何の用もない人にとっては関係ないことですが…。

EMONSTERとEMOBILEの音声通話2008/03/30

発売日に手に入れておきながら昨日まで忙しくあまりいじれませんでした。
実は今日も普段使いのソフトを入れただけであまりいじっていません。
それでも、昨日は持ち歩いて気になる機能をちょこちょこと試してみたのでそれを記事にしてみます。


EMONSTER(S11HT)やHTC TyTN IIについては、いろいろなところですでに記事になっているので割愛させていただきます。


まず、EMOBILEはいろいろと条件によって料金が変わってくるので私の契約形態から料金についてみてみます。


【契約内容】
・ケータイプラン(ご加入アシストにねん)
・オプション
  定額パック24
  EMnet
  故障安心サービス


【適用されるキャンペーン等】
・ケータイプラン デビュー キャンペーン
 《特典内容》
  契約事務手数料:無料
  データ通信料(3月利用分):無料
  ご加入アシストにねん(3月分):無料
  定額パック24(5月利用分まで):無料
  EMnet:5月末まで無料
  故障安心サービス:5月末まで無料
・「EM・ONE」ユーザー限定・「EMONSTER」同時利用キャンペーン
 《特典内容》
  月額1,000円割引(無期限)


つまり、初期費用19,980円で端末が入手でき、4~5月は月1,000円、6月以降はオプションのうちEMnet以外は解約予定なので月1,315円で維持していけるということです。
あえて、まとめてみましたが私自身も確認の意味を含んでます。やっぱ、内容がわかりにくいですね。


さて、料金について確認したところで本題に進みましょう。
通話サービスが始まったことで真っ先に気になったのが通話エリアのこと。福岡県は自網エリアですからNTT DoCoMoへの国内ローミングが利用できません。いくら携帯電話初の通話完全無料とはいってもつながらないでは意味がない。地下街や地下鉄の駅でも一部は利用可能になっているようなので、これを実際に確認してみた。福岡空港だけは時間がとれなくてテストしていないが、その他は電話の受信状態は良好で通信のみしかテストしていませんが途中で切れることもなく利用することができた。(そもそも通話については利用予定がないのでどうでもよいというのもある。)


つづいてGPS機能についての検証ですが、GPSマニアの私としては一番気になっていたところです。
GPS衛星はサポートソフト「クイックGPS」のおかげですぐに捉えることができ捕捉し計測までの時間が20秒ほどであった。(手動計測)
モバイルgoogleマップで利用してみたのですが、誤差は10メートルほどあるものの許容範囲ですね。地図上での利用だけなら解像度不足が感じられるのでNAVITIMEでの利用を試してみたいところだ。ナビソフトとの組み合わせなら定額通信料金というのも活かせると思う。今日テストするつもりだったが、あいにくの雨により延期することとした。明日以降、いつでもテストできる状態で持ち歩いてみようと思う。